BLまんが・小説感想

BL漫画/小説の感想を書きます。ネタバレがあります。

すみれびより (ディアプラス文庫)


攻め:西澤浩一郎、芙蓉のかつてのクラスメイト。委員長タイプ。
受け:大町芙蓉(ふよう)、実母にネグレクトされて育つ。小6の時から下宿屋を営む祖母の元に身を寄せ、高校を卒業後も家業を手伝う。

「お前なんか産まなければよかった」と母に言われ育った芙蓉は、芙蓉は不要、と、幼いながらに自分の寂しい人生を淡々と受け入れて生きてきた。
クラスメイト達からも孤立する芙蓉に手を差し伸べたのは、大人びた転校生の西澤。
分け隔てなく自分に接してくれる西澤の優しさに、芙蓉はいつしか淡い恋心を抱く。
しかし西澤の母親の計らいで、芙蓉はまともな暮らしを送れない親元を離れ、学生向けの下宿屋を営む祖母の元で暮らすことになった。
芙蓉は初恋の思い出と、西澤に借りたままの植物図鑑を胸に抱いて故郷を離れる。

同級生の再会ラブです。
もう超~可愛くてたまらないんです!優し気なストーリーが、二人の掛け合いが、イラストが、すべてが!
作中に登場する雑草、もとい野花が華やかなアクセントになっています。植物図鑑を片手に読みたくなる本。
連作の短編形式になっていて、無限に読んでいたい。社会人になった二人も見てみたいな~


○すみれびより
大学生になった西澤が昭和レトロな下宿屋「大町館」にやってきて再会する二人。
想いをこらえきれず、という感じで、歩道橋の下、雨の音を背にすみれの花の傍らでキスをするシーンがたまらなく好き!
この作品で、一番この作品「らしさ」が体現されている場面じゃないかな。イラストがないのが残念だと思ったけど、月村先生の文章から浮かび上がる情景が全て、という感じもします。


○あじさいびより
無事想いを通わせた二人。
ひそやかに抱えてきた初恋が実るなど想像もしていなかった芙蓉は、ふとした出来事から、西澤のためにこの関係を人に知られてはいけない、この関係はいっときのものなんだと考えるようになり…という、月村先生の描く受けらしいいじらしさとめんどくささが暴走するターンw
華やかなあじさいの花に『浮気』という花言葉、この悪戯めいた仕掛けが憎いです。
そしてインテリ眼鏡くんながら、芙蓉のことになるとちょっと様子がおかしくなる西澤が面白いw
西澤を煽るために当て馬役を買って出てくれた田上さん(ちゃんと彼女がいる)もナイスです。


○ふようびより
お盆休みに、実家に一緒に来ないかと芙蓉を誘う西澤。自分たちの関係に後ろめたさを感じている芙蓉は戸惑うが、祖母は行きなさい、と芙蓉を後押しする。

この話がもー!泣けました。
芙蓉同様に言葉少なで、想いを伝えることに不器用な祖母が「孫と暮らせる日が来るなんて、思いもしなかった。あんたが生まれてきてくれて、本当によかった」と伝えるシーン。
思いがけない祖母の愛情と優しさに触れた芙蓉が、こみ上げる幸福を涙とともに打ち明ける相手が西澤、というのがとてもいいんですよね。
全身全霊で芙蓉を求める西澤が芙蓉を変えて、芙蓉は自分を必要としてくれる人間がいるのだと思えるようになる。理想のBLです…月村先生はセックスより先にそういう描写をしてくれるのが、本当にいいんですよ。

芙蓉の心配していた通り二人の関係に気づいているかどうかはさておき、西澤のお母さん、絶対自分の息子が芙蓉に恋していることは気付いてますよねw
だって中1の男の子が、かつて同級生だった男の子と同じ名前の芙蓉の木を植えて大切にしているんだものw
そして『息子はいつか自分のもとを去るけど、伴侶はずっと自分のもの』と考えているお母さんなら、案外二人の関係を祝福してくれるんじゃないかなあと思える。
ずーっと西澤との思い出を宝物のように抱いて生きてきた芙蓉と同様、西澤も芙蓉の花を慈しみながら、いつか芙蓉に会えることを心待ちにして生きてきたんですよ。
時を越えて実った初恋の花が、時にしぼんだり休んだりもしながら、いつまでも咲き続けるのがわかる。とても幸せで、可愛らしいお話でした。

あとがきで月村先生も地味な小説と語っていますが、地味さだからこそ沁みる味わい深さがあるじゃないですか…!これはスルメ系のBL小説だと思っています。読み返すたびにほんわかとあたたかな気持ちになる。
西澤が卒業した後のこととか想像するとすごくわくわくするんですよね。
芙蓉はいずれ下宿屋を継ぐだろうし、下宿屋の近くにやはりちょっとレトロな平屋の戸建てを借りて西澤と一緒に暮らして、小さな庭に咲いた花を眺めながらいつまでも仲睦まじく暮らして、地味なおじいちゃん二人になってほしいなあ。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ

青とジェント (H&C Comics CRAFTシリーズ)

攻め:綾間京一、ベンチャー企業社長の36歳。かつて父親の経営するゼネコン会社に勤めていた。
受け:三浦直己、ちょっとおバカな高校生、18歳。十年前に綾間が父親の経営する食堂を立ち退きさせたために食堂がつぶれたことを知る。

お昼ご飯代もカツカツな貧しい生活を送る直己は、おバカさんながらまっすぐな性格をした両親想いの高校生。食堂が潰れて以降両親は必死に働き、その過労が祟って父親は亡くなってしまっている。
ある日綾間京一がゲイであることを知った直己は、「高校生である自分とのスキャンダルをネタにして綾間京一から金を得られるのでは?」というちょっとした復讐兼小遣い稼ぎを思いつき、勢いで京一にコンタクトをとる。
しかしかつて利益主義で周囲を顧みない父親の下で働いていたことを後悔している京一は、直己に真摯に向き合い、「こんな方法で得られた金は君のためにならない」と直己を諭す。
京一の提案により、直己は週末に京一の家の家事の手伝いをするようになる。
直己は分け隔てなく自分に手を差し伸べてくれる京一の紳士さと優しさに、京一は直己の飾り気のない性格、とりわけ人を憎まずにまっすぐ前を向く姿勢に心を惹かれていく。

やっと読めた~!秋平先生の新刊です。
大人だし格好いいけど茶目っ気のある京一の可愛さと、おバカちゃんDKの直己の可愛さで最強に可愛いカップル。きゅんときました。
この二人、なんと18歳差なんですね。兄弟以上親子未満な年齢差カプ大好きです…

京一と出会うことで、貧乏だからと卑屈にならず、自分の未来を見つけられた直己。
父親の冷徹さを嫌う一方で、自分の中に流れる父の血を恐れてもいた京一は、直己と一緒にいる時間は気の抜けた「本当の自分」でいられる。
相手の存在が自分を強くする、出会うべくして出会った二人に年齢差なんて問題にならないんですな~

そしてこの作品で重要な役割をしているのが、京一の秘書?役員?の佐久間さん。
佐久間さんがずっと京一を好きだったということは、序盤で匂わせ~からの、ここぞという場面であっさり明かされるわけですが、ここで佐久間さんの心情がもうちょっと深く掘り下げられたりしていたら、多分読後の感想は悪い方に変わっていた気がする。
だって、あまりにも切なすぎる…。佐久間さん、「未成年で貧しい身分の直己が京一に相応しくないから」という理由で二人の障壁になっていたわけですが、もし京一の相手が大人の、身分卑しからぬ立場の人だったら本当に身を引いていたんだろうな。そういういじらしさが感じられる。

しかし会えない期間があったからこそ、京一と直己の中で互いに対して抱く感情がよりくっきりしていったんだよね。
そこらへんのときめきと、佐久間さんの心中を想うと、、、という切なさに胸を引き絞られます。
これが西田ヒガシ先生の漫画だったら、佐久間さんはチャラっとした懐の広いおじさんに抱かれる所だな…などと妄想してしまいましたw 佐久間さんにも絶対に幸せになってほしい。
でもいずれまた三人でにぎやかに交流している図が想像できるからこそ、幸せな読後感になっていてよかったです。

『未成年の受けが成人するのを待ちに待って迎えるお初エッチ』は無形文化財に指定したいほど素晴らしいものですね。
キスだけ勃起しちゃう直己に対して、落ち着いていて、あんまりガッツいていないように見える京一の「やっと僕のものだ」はポロっとこぼれた本心という感じがしてにっこり。
ごちそうさまでした。



青とジェント (H&C Comics CRAFTシリーズ)
秋平 しろ
大洋図書
2020-08-03


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

やさしいあなた… (EDGE COMIX)

攻め:水田、元医師の紳士的なヤクザ
受け:春本、中卒のヤクザ

事務所一つを任され、極道の世界に長年身を置く春本と、元勤務医のキャリアを活かして独自のヤクザ道を歩んでいる水田。
同じヤクザながら対極的な性格をした二人はゲイバーで出会う。水田は春本の美しい歌声と屈託のない笑顔に、春本は今まで出会った誰とも違う水田の優しさ、紳士的なふるまいに心惹かれていく。
互いに相手をカタギの人間だと信じて疑わないまま、二人はデートを重ね…というお話。ヤクザ×ヤクザカップルです。

西田先生も、短期間で既刊を全て揃えるほどのめり込んだ作家さんの一人です。
そして、私が西田先生にハマるきっかけになったのがこの作品。
人に勧められて読んで、当時BLといえば受け攻めの体格差があって、受けが攻めに守られるようなかわいこちゃんで、攻めはスパダリのバリタチ、受けはバリネコで…という好みだった私が、その対極にあるような組み合わせの二人にガツンと心揺さぶられた漫画でした。

私が自分のBL漫画の好みが判然としないと言うのは西田先生のせい(?)で、きっと西田先生が描くカップルなら例え苦手な設定や組み合わせだったとしても、何でも好きになっちゃうんだと思います。
それぐらい、西田先生はボーイズラブという枠を超えて漫画力が高いというか、キャラクターの魅せ方、動かし方がとっても巧みだと思います。

この作品に関しては、とにかく受けの春本に魅せられる!
まともな教育を受けておらず、なるべくしてヤクザになった春本。
彼は学歴こそないけど、素頭の良さでヤクザ界を渡り歩いてきたように見える。互いに相手がヤクザだったと知る場面で、水田にわざと自分の顔を傷つけさせるシーンはすごくエロティックで痺れます。
言動ともに粗暴ながら、紳士な水田に憧れたり、自分の正体を知られて水田に嫌われるのが怖いと怯えたり、「インコに似すぎだろ」の純粋さとか、水田目線で読んで、ああ水田は今春本に惹かれているんだとよく分かる。
「一番弱虫で一番強い」って、春本のことだと思うんですよね。

あとはやはり、大人の男同士がいい年して初恋をやっちゃってる感が最高!
行きずりの相手とワンナイトセックスを繰り返してきた二人が、二度デートをして、キスだけで心を震わせている。
互いの正体を知った後でようやく肌を重ね、一気に溺れるように求めあう。この緩急のあるストーリーがいい。

彼の前では本当の自分でいられると夢想することができる。彼と一緒に、本物の恋を演じている。夢も物語も、いつかは終わる。
大人だからこそ終わりを覚悟して芝居じみた恋をしていた二人が、春本が刑務所に入るために別れを告げる終わりのシーンで、本物の、永遠の恋人になる。
切なくて、とびきりロマンティック…!
「いい旅になりますように」と水田の人生を想う春田の表情にジーンときます。
救いと希望のあるラストシーンでよかった!

設定のシリアスさに対して、物語を全体として振り返ると割とチープな恋愛映画のようにまとまっているのがこの漫画の良さだと思うんですよね。カラー扉のあの二人の雰囲気はズルいw

刑務所を出た二人が再会して、水田がピアノを弾き、春本がそれに目配せしながら幸せそうに歌っている図を想像するとちょっと泣けます。
いい旅になりますように。



やさしいあなた… (EDGE COMIX)
西田ヒガシ
茜新社
2017-08-12


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

↑このページのトップヘ